おすすめデザインいっぱい! 結婚式の席次表 ゲストに喜ばれる結婚式の席次表
  • 結婚式の席次表について

    scissors

    結婚式の席次表の作成は非常に重要な作業です。参列者の席順を単純に決めればよいと言うものではないのです。新郎新婦に一番近い席や上座を主賓にします。そして、先輩や目上の人から、身近な友人を順番に配置します。両親や親族は一番下座の後ろの席とします。その時に注意しなければいけないのは、テーブルによって人数のばらつきが出来ないようする事です。関係者や知り合いの都合で1人や2人の人数の違いは問題ありません。しかし、何人もの違いが出ないようにするためは、知らない人同士を一緒の席にしなければいけない事もあります。その場合は、数人の知り合い同士を固める事、社交的な性格の友人を選んで配置するなどの配慮が必要です。このように細かい配慮が必要となるので、新郎新婦は会場のスタッフと相談しながら席を決定するとよいです。

    結婚式の席次表について

    結婚式の席次表は細かい配慮が求められるので、新郎新婦の力量が問われる重要な事です。気にしなければいけないマナーはたくさんあります。たとえば、主賓は上座へ、両親や親族は下座へ、敬称に気を付けるといったような基本的な決まりが多いです。多くの結婚式は円卓で行われますが、円卓にも下座、上座があります。また、両親の席も決まっているのです。このような決まりは、結婚式場のスタッフの人がいろいろと押してくれるので、直接確認しておくよいでしょう。そのほかにも、遅刻する事や早退する可能性がある事が分かっている人は、出来るだけ空席が目立たないような席に配置する必要があります。また、お年寄りや小さい子供と一緒の参列者、大きなお腹の妊婦などは出来るだけ、出入り口の近い席にしておくと喜ばれます。よく新郎新婦で相談して決めて下さい。

    結婚式の席次表について

    結婚式の席次表は、ただ単に席順や新郎新婦との関係を記載しているアイテムではなくなってきています。結婚式に参列してもらった記念として、残るアイテムとしてこだわって作成している新郎新婦が増えています。たとえば、席次表の背景に写真を掲載して、よりポップでおしゃれにすることも可能です。また、参列者の顔写真やみんなで撮った記念写真を一緒に掲載すると、参列者同士の話のタネになる場合もあります。そのため、写真を使用した席次表は最近人気があるようです。また、参列者の名前の近くに、その人の人柄を表す一言を添えるというユニークな方法もあります。有名人に似ているとか、昔お世話になったなどのエピソードを簡潔に書くことで、その人を知らない参列者もどのような人物であるか興味を持つので、参加者同士の交流に繋がります。このようなユニークなものも増えています。

    印刷込のセットでも、最短3日での納期実績がございます!平日15時~21時まで営業!時間外電話受付可能!! 簡単テンプレートでラクラク作成できる、結婚式の手作り招待状の他、席次表や席札も格安でご提供! プロが制作~印刷まで行います!!結婚式招待状、席次表、席札の印刷込みセットがお手頃価格! 弊社では、手作りの結婚式招待状や席次表・席札の作成を行っています。 手作りの結婚式の席次表ならTO・WA・NI

Comments are closed.